· 

心が伝わる電話応対の仕方


心が伝わる電話応対のビジネスマナー 電話のかけ方・受け方は会社の印象を大きく左右する可能性があります。
1回1回のかけ方や受け方で会社やあなたのイメージが良くも悪くもなります。

一期一会の電話相手を思いやり、誠意を尽くした対応は必ず相手の心に伝わります。
いつも会社を代表しているという意識を持って応対する事をこころがけましょう。

今回は客室乗務員や秘書が使っている電話を掛けるとき・受けるときのマナーや覚えておくと役に立つ表現をまとめてみました。
大切な事前準備と心がけ

1.姿勢を正しくする

2.口角をあげて笑顔になろう。姿は見えなくても、姿勢や表情は相手につたわります。
相手が目の前にいるつもりで姿勢を正して笑顔でお話ししましょう。

3.聞き間違いを防ぐためにメモをとりましょう。 また、お相手に要点の確認を行うこと。

4.受け答えは明るい声で普段より高めの声とはきはきと話す。

5.会社の顔として応答している意識を持つ。
ビジネス電話は回数を重ねるほど上達します。積極的に電話を受けてみましょう。